七五三

令和二年の御祈願について

新型コロナウイルス感染防止のため、

・9月より御祈願を執り行います
・予約優先で、1度の御祈願は最大2家族までと致します※
(予約時にはできるだけ1家族で御祈願できる様、受付をご案内します)
・御祈願は各日、開始時刻10時~16時まで30分刻みで受け付けます
(上記以外のお時間をご希望される方はご相談下さい)
・前述※の理由から、時間厳守でお願いいたします
(ご無理のない時間でお申込み下さい)
・コロナ禍で県外からの移動を自粛されるご親戚の為、御祈願中、拝殿内に固定した三脚からの撮影はしていただけます
(御祈願中の拝殿内での移動はご遠慮下さい)

・ご予約は時間調整の都合上、ウェブの場合1週間前まで、1週間を切ってのご予約はお電話にて前日までにお願いいたします。ご予約から御祈願までの日数に余裕が無いと御祈願の開始時間がご希望に沿えないことも多々あります。ご了承ください。

 七五三御祈願お申込みフォーム

七五三よくあるお問合せ

Q.
 数え年と満年齢ではどちらでお祝いをすれば良いのですか?
A.
 お子様の成長をお祝いするお祭ですから、ご家族でどちらかにお決めになって構いません。数え年ですと、お誕生日前のお子様には満年齢に2歳加算することになりますので、11月後半、12月生まれのお子様は1歳(2歳直前)でお祝いすることになります。満年齢ですと、お子様も数え年より大きいので、お祝いしたことがお子様の記憶にも残りやすいかもしれません。

Q.
 正装でないといけませんか?
A.
 神様に失礼のない装いがよろしいかと存じます。
(短パンなど露出の激しい服装は望ましくありません)

Q.
 御祈願にはどれくらい時間がかかりますか。
A.
 正味20分ほどですが、ご予約が立て込んでいる場合には、時間がずれることもございます。お時間には余裕を持って頂ければ幸いです。

Q.
 御玉串料はおいくらですか?
A.
 お一人様の御祈願につき5千円からお願いしております。御玉串料は神様へのお供えですので、ご兄弟姉妹で同時に御祈願される場合には、御祝儀袋も本来は別々にされる方が望ましいでしょう。

Q.
 家族何人で参拝できますか?
A.
 例年ですと制限はありませんが、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、11月の土日に限り、拝殿内でのご参拝は、ご本人・ご両親・ご兄弟姉妹とさせて頂く予定です。9月、10月でのご参拝には制限はありません。

Q.
 カメラマンは同行できますか?
A.
 御祈願中の撮影は、当社にて指定した位置からになりますが、ご同行頂けます。

 その他、ご不明な点は御遠慮なくお問い合わせください。082-221-1885

七五三

古来より七五三は、三才(男女)、五才(男)、七才(女)のお子様に晴着を着せ、地域の神社「氏神様」にお参りをして、無事成長したことを感謝する行事です。
お子様の成長をお祝い致しましょう。

應神天皇は、仲哀天皇の第四皇子にあらせられ、平定なった国内の治政を整えられ、また、学術、技藝盛んに伝来し、文化は発達し国連隆盛を極めた。よって、学業諸芸成就、生業繁昌の神として崇敬される。

神功皇后は、仲哀天皇の皇后であらせられ、戦歿された仲哀天皇の遺志を継ぎ、應神天皇を御懐妊中であられたにもかかわらず、男装して新羅を征せられた。よって、武道、安産、子育、婦道の神として崇敬されていらっしゃいます。

更新日:

Copyright© 早稲田神社 , 2020 AllRights Reserved.