記事カテゴリ―を選んでください。

早稲田神社通信

早稲田神社通信一覧

流し雛祭

「桃の節句」花の香り

冬の冷たい空気に水仙の花が芳しく香っていましたが、今は梅の花が良い香りです。施設に居る叔母のところへ、ときおり庭の花を摘んで届けます。老齢で今はすっかり記憶が遠い叔母が、花の香りで何か想い出してくれな ...

「建国記念の日」早稲田神社建立

日は少しずつ長くなり、この頃は夕方になっても明るいですね。春の兆しです。というのに、ようやく冬が来たかのように寒いです。そして世の中明るいニュースはあまりないようですが、2月は祝日がひとつ増えたのでち ...

「節分」冬から春へ

旧正月も過ぎ、新しい年もすっかり定着しつつある今日この頃。年始の挨拶を逸した知人に寒中見舞いを書いています。寒中見舞いというと必ず思い出すのが、かつて新年の挨拶を控えた年のこと。一枚のハガキが届きまし ...

あおぞらふれあい市出店お申込みのご案内

この記事は、あおぞらふれあい市専用サイトに移動しました。

コメントなし

「左義長」年神さまのお見送り

皆さま、良い年をお迎えのことと思います。年末年始にはたくさんの方々にお詣り頂き、心よりお礼申し上げます。今年は、十二支のスタートである「ねずみ年」です。なぜねずみが一番? それは神様がかけっこをさせて ...

「年送り」と「年迎え」

この時期になると、いよいよ歳末の慌ただしさを感じてきます。ご家庭では、年末の大掃除に年越しと新年へ向けての準備が山積みではないでしょうか。お仕事では年末の追い上げと挨拶回り、スケジュールを組むのもひと ...

年の瀬「すす払い」

12月です。もう車の渋滞が始まっているのでしょうか。車はちっとも進みません。ブレーキ灯がイルミネーションのように連なって、街が赤く染まります。温暖化の要因は、こんなところにもあるんだろうな。そんなこと ...

「木」神のよりしろ

先日、枝を根こそぎ切り落とされてしまった木の姿に心を傷めました。玄関先に何十年と控え、家人を送り、そして迎え。いわば家の守り神のような存在。今の時代にそぐわないと、道路にはみ出していた部分が枝ごと見事 ...

「七五三」七つまでは神のうち

11月15日は、七五三の日です。この時期は、早稲田神社にも七五三のご参拝に、たくさんのご家族がお見えになります。かつては飛込みで来られる方々も多かったのですが、昨今ではご予約頂いてのお詣りも増えて参り ...

ご挨拶

平成29年より『早稲田神社通信』なるものをスタートいたしました。
これは、

  • 神社をもっと身近なものとして感じてもらうこと。
  • 日本のしきたりなどを知って頂いて、日々の生活を豊かにして頂くこと。

以上が目的です。

神社からの情報発信というと、お堅く難しいイメージが強いのではないでしょうか?
ですが、『早稲田神社通信』は仰々しく堅い文体で敷居が高いものではなく、
もっと気軽にわかりやすくをモットーに紹介をしていきます。

幅広い年代の方に親しめるものとなれば幸いです。

お知り合いやお子さんに「〇〇って知ってる? 実はね~」と話したくなるような
そんな内容をお届けいたします。

拙い部分も多々あると思いますが、ぜひお気軽にお楽しみください。

更新日:

Copyright© 早稲田神社 , 2020 AllRights Reserved.