「日本のしきたり」 一覧

日本のしきたりに関してのご紹介

カテゴリ一覧

7月(文月)七夕やお中元などしきたりをご紹介

7月は旧暦の呼び方では文月(ふみつき)と呼ばれます。
これは七夕の折に短冊などに詩歌をしたため、書の上達を祈った儀式から文月、文被月(ふみひらづき)と呼ばれるようになったと言われています。

6月の行事、夏越祭とは?なぜ茅の輪をくぐるのかその意味をご紹介!

年が明けて早いもので、半年がたちますね。今年は新元号にもなり大きな節目の年となりそうです。 先日の早稲田神社通信の際、6月の行事として軽く夏越祭をご紹介いたしました。夏越祭は夏越しの大祓とも申しまして ...

6月が水無月と呼ばれる理由、月内の行事や「梅雨」の由来とは?

6月に入りますます日差しが強くなってきましたね。 例年では、中国地方は6月7日頃が梅雨入りですが、今年は天気が良い日が続いています。熱中症にはお気をつけください。 さて、今回の早稲田神社通信では、6月 ...

no image

7月30日 夏越祭を開催致しました

7月30日 夏越祭を催行致しました。 この祭りは「おおはらい」の為のお祭りで、半年間の知らず知らずのうちに行ってしまった罪や穢れ(けがれ)を人形へと移し、我が身に対する悪運を祓う意味がございます。 ま ...

意外に知らない。知ってると「へーっ」と言われる土用の本来の意味とは?

『土用(どよう)』と言われると、丑の日にうなぎを食べる土用の丑の日を思い浮かべますよね。 土用=丑の日=うなぎを食べる日 なんて全部イコールで覚えている方や 「土用の丑の日」でひとつの言葉と覚えている ...

神道と六曜の関係

神社へと祈願を希望される方には、よく大安や仏滅など六曜(六輝)を気にされる方が多くいらっしゃいます。 事実、大安の戌の日には安産祈願のご希望が増えるなど神社も六曜の影響を受けざるをえません。 しかし、 ...

八幡宮でお祀りされている、八幡さまってどんな神様?

日本全国にたくさんの種類がある神社ですが、今回はその神社の中でも〇〇八幡宮などの名前で親しまれている、八幡さまについてご紹介いたします。 早稲田神社も、実は早稲田八幡宮とも呼ばれる、八幡さまをお祀りし ...

これで納得! 同じ名前の神社がたくさんある理由 ~同じ名前の神様がたくさんいるの?~

先日、神社は日本全国で8万社以上あるとご紹介しましたが、記事をご覧の方からご質問を頂きました。 「神様がいらっしゃるのが神社なら、同じ名前の神社がたくさんあるのはどうして? 同じ名前の神様がたくさんい ...

日本に神社は何社、神職者は何人いるでしょう!?

意外に多い、神社の数! その数……なんと! 現在、日本全国に神社が何社ぐらいあるかってご存知ですか? 実は、全国に8,4821社もあるんです。 (平成27年12月31日現在) 8万社以上もあると言われ ...

ご祈願を受けられるときの拝礼の流れ

今回は神社参拝の作法(拝殿内での参拝)についてお話します。 初宮参り、七五三など特別に祈願したい時は、正式参拝を行います。 最初はお祓い 修祓(しゅうばつ)から 初穂料を納めると、神殿の手前の拝殿に案 ...

Copyright© 早稲田神社 , 2019 AllRights Reserved.